Olight(オーライト)Perun mini KITブログレビュー!コンパクトでコスパの高いヘッドライト

コンパクト軽量なヘッドライトなのに、クリップライトやハンディライトとしても使えてしまうOlight(オーライト)のPerun mini KITをブログレビューします。

中国のメーカー Olight(オーライト)のPerun mini kitはワイドな照射範囲が特徴の、キャンプやアウトドアそして日帰り登山の非常用にもおすすめなヘッドライトです。

ざっくり言うと、Olight(オーライト)Perunは下記のような人におすすめ。

  • USBで充電できるヘッライトが欲しい
  • 小さくてそこそこ使える、コンパクトヘッドライトがほしい
  • クリップライトやハンディライトになるものが欲しい
  • 登山、アウトドア、キャンプ、日常使い、など色々なシチュエーションで使いたい

こんなに小さくて大丈夫?」と思うほどのコンパクトさで最初は心配になりますが、これがかなりの完成度。

クリップで止められるので、リュックにぶら下げられ、アクセサリー感覚で持ち運べます。

なのに、日帰り登山の非常時にはしっかり実用に堪えるほどの明るさと稼働時間もあります。

ということで、この記事ではOlight(オーライト)Perun mini KITについて詳しくブログレビューします。

この記事はメーカー様から製品の提供を受けて作成していますが、メリット/デメリットを忖度なくブログレビューしています♪

Olight(オーライト)のアウトドア(キャンプや登山)におすすめのヘッドライトをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

目次

Olight(オーライト)Perun mini KITの特徴とスペック

Olight(オーライト)Perun mini KIT」は中国のライトメーカー「Olight(オーライト)」から発売されている小型のヘッドライト兼ハンドライトです。

Olight(オーライト)Perun mini KITの特徴は、

  • 高機能なハンディライトになるヘッドライト!
  • USB充電式で移動中に充電も可能
  • ヘッドライト以外にも様々な場所に固定ができる

スペック

Olight(オーライト)Perun mini KITの各スペックは下記の通り。

ルーメン最大1000lm
重量52g
充電方式USB充電式
バッテリー3.7V 550mAh IMR16340電池
(付属/別途購入も可能)
防水防塵IPX8
寸法61.5mm☓20.6mm☓21mm
(長編☓短編☓直径)

スペックで一番注目する点は、本体重量52gと軽量なのに、最大照度1000lmと高出力。

日帰りトレッキングなどで予備として持ち歩くには十分な軽さです。

USB充電式なので、移動中に充電も可能。専用予備電池を別途購入することもできます。

5種類の点灯モードと稼働時間

Olight(オーライト)Perun mini KITは5種類の点灯モードがボタン操作で選ぶことができます。

基本:消灯時にワンクリックで点灯、点灯時にワンクリックで消灯

スクロールできます
モード(光量)時間/距離
ターボ(1,000~250 lm)1+85 分(自動的に光量が落ちる)
ハイ(250 lm)98分
ミドル(65 lm)6時間
ロウ(15lm)25時間
ムーンライト(2lm)4.5日

最も明るいターボモードは照射時間1分と短いもののなんと1000ルーメン(lm)。

実用的なミドルモード(65lm)でも6時間も使えます。

ちなみに、最も弱いムーンライトモードは4.5日点灯が可能だそうです!!

Olight(オーライト)Perun mini KITの口コミ・評判

Olight(オーライト)Perun mini KITを実際に使っている人の口コミを集めました。

Twitterでの口コミ

楽天市場での口コミを要約

Olight(オーライト)Perun mini KITの楽天での口コミをまとめました。

小さくて、軽くて、明るい。マジックテープのサイズが大きいので使いやすい

楽天市場で口コミを見る

想像以上に明るく、コンパクトで邪魔にならない。

楽天市場で口コミを見る

電池の持ちが良く、小さいのにハイパワーで軽い。耐久性も最高でデザインもいい。

楽天市場で口コミを見る

Amazonでの口コミを要約

Olight(オーライト)Perun mini KITのAmazonでの口コミもまとめてみます。

普段使いには最高!ヘッドライトとして、帽子やポケットにクリップライトとして、専用パッチを使えばマジックテープがつけられるところに固定できて便利。マグネットボトムなので金属部分にも固定できます。

L字型なので、縦置きにしてもランタンのように使うことも可能

ポケットに入れておいても邪魔にならない。

amazonで口コミを見る

横向き照射が便利。ヘッドライトとしても使用可能。マグネット部分が強力で車体やタンク鉄柵につけて作業等としても使えます。

専用コードでの充電が楽です。質感も良く納得の仕上がり。

amazonで口コミを見る

公式サイトの口コミ

Olight(オーライト)Perun mini KITの公式サイトでの口コミをまとめました。

この小ささで結構長い時間使えるし、明るさも変更出来て、マグネットやクリップで固定したまま使えるから両手フリーの便利さ、とても良い。

Olight公式を見る

明るく、操作しやすい。作りも丁寧で大変、満足しています。

Olight公式を見る

ミニサイズでも侮れない性能です!予備バッテリーも同時に購入をして使ってますが非常に便利でヘッドライトで使うには抜群の性能があります ライト単体でもマグネット付きとクリップ付きなので幅はかなり広がります。1000ルーメンのターボはかなり明るいです通常はそこまで光量を上げなくても十分に使えます。毎日携帯をして使ってます。仕事に非常時に使えます

Olight公式を見る

Olight(オーライト)Perun mini KITをブログレビュー

それでは、Olight(オーライト)Perun mini KITの細かい特徴などについてブログレビューします。

同梱物と外観

Olight(オーライト)Perun mini KITは白いコンパクトな箱に収まっています。

バック

ライトのケースなのになんだかオシャレです。

Olight(オーライト)Perun mini KITの同梱している内容物は下記の通り

  1. 本体
  2. ヘッドバンド
  3. マジックテープアダプター
  4. 丸紐リード
  5. 専用USB充電コード
  6. 説明書

マグネットで装着できる専用のUSB充電コードが同梱されているので、別途購入する必要がありません。

本体外観

Olight(オーライト)Perun mini KIT本体の外観をチェックします

正面
サイド
サイド

コンパクトで手のひらに収まるほどです。

⬇上部には点灯をコントロールするボタン。下部は磁石になっていて、ものにくっつけたり、専用マグネット充電ケーブをつないだりできます。

上部
下部

次からOlight(オーライト)Perun mini KITの特徴を見ていきます。

【特徴1】 5種類の光量タイプで幅広い使い方ができる

5種類のモードと操作方法

操作の基本:消灯時にワンクリックで点灯、点灯時にワンクリックで消灯

スクロールできます
モード操作方法
ターボ(1000ml)2回連続押し
ハイ(250ml)点灯後、長押しで選ぶ
(ハイ➞ミドル➞ロウは押し続けると巡回する)
ミドル(65ml)点灯後、長押しで選ぶ
(ハイ➞ミドル➞ロウは押し続けると巡回する)
ロー(15ml)点灯後、長押しで選ぶ
(ハイ➞ミドル➞ロウは押し続けると巡回する)
ムーンライト(2ml)消灯状態で長押し
SOS3回連続押し

①ロー 15ルーメン

ローモードは15ルーメンの明るさ。

Olight(オーライト)Perun mini KITの光は広く拡散するワイドタイプ。なので、15ルーメンの光の強さでも、ほんわりと周りが明るくなります。

逆に言えば、光が広がるので、同じ15ルーメンでもスポットタイプのライトに比べると暗く感じるかもしれません。

②ミドル 65ルーメン

ミドルモードは65ルーメンの明るさ。

足元を確認したり、前方数メートルを見るのには十分です。

暗闇の中をゆっくり慎重に歩くならこの明るさでも良いですね。

③ハイ 250ルーメン

ハイモードは250ルーメンの明るさ。

ミドルモードの比べると、一気に明るくなり周りの状況も確認しやすいです。

使用可能時間は98分とのことなので、常用はできませんが、ポイント的に周囲を確認するには便利な明るさ。

④ターボ 1000ルーメン

ターボモードの明るさは1000ルーメン。強い明かりで遠くまで見通すことができます。

連続点灯時間は1分間と短いですが、周囲を遠くまで明るく照らしたい時に便利です。

1000ルーメンもあると、相当周囲の状況が把握しやすいので、たとえ1分間の連続使用時間でも、有るのと無いのとでは安心感が違います。

⑤ムーンライト 2ルーメン

本当に必要最小限の明るさ。たったの2ルーメンです。

夜間を行動するときには不向きですが、テント内で少し探しものをしたい時になどに便利。

連続点灯時間も4.5日と電池残量を心配なくてもいいレベル。一晩つけっぱなしにしていても大丈夫です。

わずかな明るさ
画像だと真っ暗ですが、実際はほんわり明るいです。

それぞれのモードを並べて比較

それぞれのモードを並べて比較してみます。現場では下記の写真よりはもう少し明るく感じました。

⬇ムーンライト

ムーンライト 2lm

⬇ローモード

ロー 15lm

⬇ミドルモード

ミドル 60ルーメン

⬇ハイモード

ハイ 250ルーメン

⬇ターボモード

ターボ 1100ルーメン

動画で違いを見る

実際にOlight(オーライト)Perun mini KITのモード別の違いを動画で確認したい方は下記をどうぞ。

【特徴2】ヘッドライト以外にも色々な使い方ができる

ヘッドライトとして使用できる

Olight(オーライト)Perun mini KITは専用ヘッドバンドに装着すれば、ヘッドライトとして使用できます。

ヘッドライトバンドはマジックテープ式になっていて、付属のマジックテープパッドで取り付けます。

なので、ヘッドバンドを頭につけたままでも、マジックテープパッドを剥がせばそのまま別のところにつけることも可能。

下記のようなタクティカルキャップにも対応します。

CONDOR(コンドル) 
¥2,797 (2024/07/13 17:29時点 | Amazon調べ)

⬇また、本体を回転させることで、角度を調整することができます。

前方
真上
真下

Olight(オーライト)Perun mini KITの角度の幅は上下60度

無段階で調整できるので、好きな角度で固定することができます。

また、角度を変えても本体が同じ位置にあり続けるので、バランスが前のめりになりすぎることがありません。

他メーカーのヘッドライトだと、調整できる角度が決まっていたり、下向きにすると前方にバランスがかかりすぎてしまったりするものもありますので、Olight(オーライト)Perun mini KITはそういった事がないのがメリットです。

ハンディライトとして使用できる

Olight(オーライト)Perun mini KITはコンパクトなハンディライトとしても活用できます。

一般的な懐中電灯のようなI字型ではなく、L字タイプですが。握った時に力を込めることができるので、落とすリスクが減ります。

I字型と比べて使いにくいということはありませんよ。

クリップライトとして

Olight(オーライト)Perun mini KITしっかり固定できるクリップのおかげで、ショルダーハーネスなどにつけておくことができます。

一瞬だけ手を開けたいといった時にサッと固定できるのでとても便利。

また、L字型なので胸元に差し込んでおけば、前方を照らし続けてくれます。

マグネットライトとして

登山では使うシーンが限られるかもしれませんが、ボトム部がマグネットになっているので金属面に固定することが可能。

夜中に急に車のタイヤ交換が必要なんていうときに大活躍ですね。

車で登山口まで行くことが多いという方はピッタリでは無いでしょうか?

Olight(オーライト)Perun mini KITの気になったところ

Olight(オーライト)Perun mini KITの良いところをご紹介してきましたが、逆に気になった点も正直にブログレビューします。

操作を覚えるのに慣れが必要

コントロールボタンが一つだけなので、クリックの回数や長さに応じて機能を変化させる事ができます。

ですが、それを覚えるのに慣れが必要です。

例えば、モードを変更するためのボタンの押し方は下記のパターンがあります。

  1. 1回押し(ON/OFFなど)
  2. 消灯時に1回の長押し(ロックモード)
  3. 点灯時に1回の長押し(モード変更)
  4. 2回押し(ターボモード)
  5. 点灯時に2回の変則的な連続押し【1回押し+1回の長押し】(タイマーモード)
  6. 3回連続押し(SOS)

といった感じ。

私は慣れるのに10分くらい練習しました。

その後も、しばらく使っていないと使い方を忘れてしまいます。

ですが、慣れてしまうとボタンが一つだけなので、そのボタンに手を持っていく動作の間に、目的のクリックパターンを思い出すと言った感じでスムーズにできるようになりました。

久しぶりに使うなんて言う時はちょっと迷ってしまうかもですね。

ただ、ボタンのクリックパターンを覚えてしまえばあとは大丈夫です。

ワイド照射なので暗く感じる?

Olight(オーライト)Perun mini KITの明かりはワイドに広がる照らし方。

広がりのある明かりなので、周囲の状況確認がしやすいというメリットもあります。

しかし、光が広がる分、同じルーメン数の他の製品と比べると、暗く感じるかもしれません。

残念な口コミもチェック

残念に思った口コミも調べてみました。購入する際は参考にしてください。

ヘッドマウントの幅が広すぎて、付属のヘッドバンドからはみ出してしまう。はみ出したヘッドマウントのべクロ部分がおでこに当たりチクチクする。

Olight公式を見る

広角で遠くを強く照らすことができない。遠くを強く照らして欲しい。

楽天市場で口コミを見る

Olight(オーライト)Perun mini KITの疑問点

その他、Olight(オーライト)Perun mini KITの疑問点に思ったところをブログレビューします

登山に使える?

Olight(オーライト)Perun mini KITは軽量性、明るさ、稼働時間の長さに優れています。

なので、非常用ヘッドライトとして持ち歩くには最適。

ただ、暗い時間帯に積極的に長い時間行動するという人には、ミドルモード(65ルーメン)で6時間という稼働性能は少し物足りないかもしれません。

そういった方はもう少し重くても強力なライトがおすすめです。

ですが日帰り登山の非常用ライトとしてならアクセサリー的にリュックに入れておけるサイズと軽さなので、非常におすすめですよ。

ロック機能はある?

ロック機能も備わっています。

なので、不意にスイッチオンしてしまい、点灯し続けて電池を消耗することがありません。

ロック機能は消灯状態でスイッチを長押するだけなので簡単です。

Olight(オーライト)Perun mini KITの価格は?販売店はどこが安い?

Olight(オーライト)Perun mini KITを購入するならOlight公式ページが一番オトクです。

公式HP、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで調べると大体どこも税込価格7,295円でした。

セールでも無い限りどこのお店も定価はこの価格なのですが、実は公式HPでメルマガ登録をすることで10%OFFの価格で購入することができます。

オーライトのHPより

なので、通常は公式HPから購入することをおすすめします。

ただ、Amazonや楽天でもセールの時は安くなることもあるので、購入の際はいずれのショップもチェックしてみましょう!

Olight(オーライト)Perun mini KITのブログレビューまとめ ⑧

Olight(オーライト)Perun mini KITはコンパクトなのに光量と電池容量があり、日帰り登山の非常用ライトとしておすすめのヘッドライト。

ヘッドライトだけではなく、ハンディライトやマグネットライト、付属のマジックテープパッドを使えばタクティカルキャップにも使えます。

もうすでに、登山用のヘッドライトを持っている方も、予備ライトとして、あるいはハンディライトとして1つあるとかなり心強いはず。

もう一つトレッキング用に軽くて使いやすいライトを揃えようかな、という方にもおすすめです。

ということで、この記事ではOlight(オーライト)Perun mini KITをご紹介しました。

気になった方はぜひ一度試してみてくださいね。

Olight(オーライト)のアウトドア(キャンプや登山)におすすめのヘッドライトをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

目次